回線をIIJmioに全部移動した話

今まで使用していたドコモ契約(自分と家族の2回線)と自宅Bフレッツを今月IIJmioに移しました。
今月1回線が更新月だったことと新機種を買う予定も無くそろそろ月サポが無くなり維持費が高くなることから思い立ってやりました。
iijmio

ドコモ回線の切り替え
事前にドコモショップで回線名義を全部私に移動しました。
これはIIJmioのファミリーシェアプランを使用するために必要なので必ず先に行います。
名義を変更したら各回線ともMNP転出番号を取得します。ドコモはMy docomoから行えるので面倒が無いですね。

移転先のIIJmioではファミリーシェアプラン使用することにしました。
これはSIM3枚で月々の通信量10GBをシェアするプランですが我々が2人で使用するには十分な量なので…
SIM3枚の内訳はMNPで移動した音声付き2枚と新たにSMS付きデータSIMを1枚発行しました。
SIMは申し込み後3日~5日程度で届くのですが何故か3枚がバラバラに届いたのでこの辺りはきっちり一度で届けて欲しいですね。
ビックカメラなどの店頭で手続きした場合はその場で一度に受け取れるそうです。
あとは専用ダイヤルからMNPの手続きを完了させて1時間ほどで回線が切り替わります。
Bフレッツの切り替え
固定回線はBフレッツから転用でmioひかりに移動しました。
まずはNTT東日本のページから転用承諾番号を取得してmioひかりを申し込みます。
その後、電話にて工事日を調整し切り替えとなります。
IIJmioのステータスでは工事日を過ぎても「調整中」表示のままでしたがNTTから完了連絡あるまでは表示が変わらないとの事で、設定を変更したところ工事日から使用することができました。
いくら安くなったの?
ドコモ回線はタイプXi にねん(743円)+Xiパケ・ホーダイ ライト(4,700円)+SPモード(300円)が2回線だったので概ね11,486円と通話料が月々の支払でした。
固定回線はBフレッツ マンションタイプ 3,250円 + ISP代金 2,000円です。合わせて月々16,736円もかかっています※

これをIIJmioにまとめることにより…
ファミリーシェアプラン(3,960円)+mioひかり(3,960円)-mio割(600円)-mio割スタートキャンペーン(450円・24ヶ月)となり月々6,870円となります。
毎月1万円ほど安くなるのはとても大きいですね。

また移行に際してドコモの解約金1回線9,500円+MNP転出料2回線4,000円が一時的にかかっていますが差額を考えるといち早く移動すべきだったと思います。
その後の話
mioひかりの評判が都市部であまりよくなくスピードが出ないなどと聞いていたのですが、
元々住んでいるマンションが構内VDSLとあまりよい条件で無かったためかそれとも改善したのかmioひかりに変わってもさほどスピードに変化はありませんでした。

※ユニバーサルサービス料や少額の割引、消費税など諸々省略しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加