猫を撮ろう!愛媛県にある猫の島・青島

9月10日、突如思い立って愛媛県にある猫の島・青島に行ってきました。
夏休みで愛媛に帰省中とはいえ東予からはバス、電車を乗り継いで3時間という行程。

今回持参したカメラはα7S、レンズはCONTAX G Sonnar 90mmをメインで使用。
α7Sはサイレントシャッターモードがあり暗所にも強いので猫撮影のベストバイです。
CONTAX G Sonnar 90mmは美品25,000円前後とツァイスレンズとしては格安な割に写りが良く猫撮影では重宝しています。

CONTAX G Sonnar 90mm F2.8

まずは定期船の運行状況を確認します。
船を運行している青島海運の事務所は定休日だったため、大洲市役所 長浜支所に電話で確認。
この日は運行しているということでしたが晩秋から冬にかけては風浪が厳しく欠航することもあるそうです。

青島行きのフェリーは1日2便しかなく朝8時の便を逃すと次は14時30分の便しかありません。
戻ってくる船も2便しか無いため現地滞在時間は15時05分~16時15分の約1時間になります。
午前の便に乗ればいいように思いますが朝8時までに伊予長浜に着くには最低でも松山駅付近に前泊する必要があったため断念しました。

aoshima

バスと電車を乗り継いで14時頃に伊予長浜に到着。
既に多くの乗客が船に乗り込んでいるも、この日は定員に達せず乗船できました。
土日祝日などはせっかく来ても定員オーバーということもあるとの事。
島には商店も自販機もありませんのでドリンクなどは船に乗る前に調達しておく必要があります。

DSC07710

船は出港5分ぐらい前にはタラップを収納していたためぎりぎりに来ると乗れないかもです。
青島までは船で約35分、船を降りるとそこには猫好きの楽園が…

DSC07725

DSC07754

DSC07733

島自体はかなりの広さがあるのですが、猫の生息域として撮影ポイントはあまり広くなく
桟橋からコミュニティセンター、神社前あたりに集中しているようでした。
特にコミュニティセンター前は猫のための食事場所となっている為、かなりの数の猫がいます。

DSC07740

小学校跡地まで来ると猫どころか人の気配すら感じられません。
DSC07776

神社前まで戻って一心不乱に猫撮りしています。
広角用にULTRON 28mmも持ってきましたがこちらは数枚しか使いませんでした。
DSC07799

神社付近の猫が減ってきたので桟橋付近まで戻ると島民の方が猫に魚を捌いて与えていました。
凄まじいモフモフ具合です。

DSC07829

DSC07833

桟橋~コミュニティセンター間で撮影しているだけですぐに帰りの船の出航時間がきてしまいました。
名残惜しいですが青島を後にします。

滞在1時間という短い時間でしたが充実した猫撮影ができたと思います。
カップル率高いですが1人で撮りに来てるカメラ女子的な方もいました。ちょっと写真見せ合ったりお話とかしました。
島の猫は触られるのは嫌がる子が多いですが人馴れしているので写真は撮り放題です。
キャットフードは賛否あるようなので持参しませんでしたが一応指定の餌やり場があります。
持ってきた人は餌場で猫まみれになってました。
猫じゃらし的なのは持っていったけどあまり興味なさげな感じ。

写真はFlickrのアルバムにまとめておきました。
次はうさぎ島で有名な大久野島にも行ってみたいかな。


20140910_青島(猫島) | Flickr
定期旅客船「あおしま」時刻表及びアクセス | 大洲市


  • このエントリーをはてなブックマークに追加