プロカメラマンが教える知っておきたい写真のことを参考に、自分が参考にしていること

GIZMODOの記事、プロカメラマンが教える! 知っておきたい写真のこと100 から自分も参考にしていることなどを書きだしてみた。


・既に実践していること

2)常にRAWで撮影すること。
3)単焦点レンズでの撮影は、腕磨きになる。
27)明るい日中に撮影する場合は、常に露出少なめ、2/3程度で撮影すること。
39)カメラ用バッグは捨てて、メッセンジャーバッグを使うこと。レンズやカメラが取り出しやすくなる。
45)どこに行くにもカメラを持って行くこと。
75)写真は趣味ではない。ライフスタイルだ。
今の写真のスタイルは以前、ほぼ日の写真セミナーで菅原一剛先生に教わったことがベースになっているのだが
フォーマットは RAW+JPG で、屋外では露出を -0.3 して撮影するのが基本になっています。
カメラバッグは普通のショルダーバッグにインナーボックスを入れて使っています。
ちょっとしたシャッターチャンスが来た時にショルダーバッグとナップサックでは取り出すまでの「やる気」に大きく影響します。
ただ、ショルダーバッグは長時間掛けていると肩に大きな負担がかかるので偏頭痛持ちの私には悩みどころです。

「51)写真は大きくプリントすること。見てると嬉しくなる。」の通り、特に良く撮れた写真は2L版で印刷しています。
使用しているプリンタは家庭用の EPSON EP-803A
特に気をつけている点は、プリンタのカラーマネジメントを使用しないこと。
経験上、印刷した写真を人に見せた場合にはデジタルデータよりも良い反応が得られる場合が多いです。
ただし結構凄い速度でインクが無くなります。


・分かっているけど実践できていないこと

29)露出や、アングル、F値を変えて同じ場所で数枚撮影するのを恐れないこと。
34)撮る前によく考えること。
80)機材を多く持ち歩けば持ち歩く程、写真を楽しむ余裕がなくなる。
特に「34)撮る前によく考えること。」
反射でシャッターを切ってしまうことが多いのでもっと落ち着いてからって言われます。


・それ以外のこと

・連写モードを使用しない
・AWBを使用しない
以前はSDカードに余裕があるのだからと連写モードばかり使っていました。
心の持ちようなのですが今は一枚一枚を大切に撮るようにしています。
また、ホワイトバランスは都度適したものに設定しています。

関連:
プロカメラマンが教える知っておきたい写真のことを参考に、を参考に。 | R246

  • このエントリーをはてなブックマークに追加