さくらのVPS サーバ構築メモ 5 – xinetd

使用時のみサービスを起動するようにxinetdをインストール。
sshdとftpdをxinetd経由で起動するように構成する。

# yum install xinetd
# /etc/init.d/xinetd start
# chkconfig xinetd on

vsftpをxinetd経由にする
# vi /etc/xinetd.d/vsftpd

下記をコピペして保存。
service ftp
{
    disable = no
    socket_type = stream
    wait = no
    user = root
    server = /usr/sbin/vsftpd
    server_args = /etc/vsftpd/vsftpd.conf
    log_on_success += DURATION USERID
    log_on_failure += USERID
    nice = 10
}

sshdをxinetd経由にする
# vi /etc/xinetd.d/sshd

下記をコピペして保存。
service ssh
{
        disable = no
        socket_type     = stream
        wait            = no
        user            = root
        server          = /usr/sbin/sshd
        server_args     = -i
        log_on_success += HOST PID
        log_on_failure += HOST USERID
        nice            = 10
}

# vi /etc/services

SSHのポートを変更してある場合にはこちらの記述も変更する。
ssh             22222/tcp
ssh             22222/udp

# chkconfig sshd off
# service sshd stop
# service xinetd restart
ターミナルを別に起動し、ログイン可能であることを確認する。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加