Google の2段階認証を設定する

2段階認証プロセスを導入することで、ログイン時に通常のユーザー名とパスワードだけでなく、
電話を使用した確認コードの入力も求められますので、Google アカウントのセキュリティをさらに強化することができます。
つまり、万が一ショップでGoogleアカウントとパスワードを紙に書いてしまったとしても、あなたの電話を利用できなければアカウントにログインすることはできなくなるのです。

設定は「アカウントの概要」から「2段階認証プロセス」を編集します。

これを設定すると普段使用しているPCからのログイン時に、携帯電話に送信される確認コードが必須になります。
一度認証を行ったPCは30日間認証を行うことなく利用できます。

初回は携帯電話のキャリアメール宛もしくは、テキストメッセージを利用して確認コードを受け取る必要があります。

ドコモのSPモード宛に確認コードを送信しました。

受信した確認コードを認証する事で、2段階認証プロセスを有効にする事ができます。

2 段階認証プロセスを有効にすると、ブラウザ以外のアプリケーションや携帯端末のうち、Google アカウントを使用するもの(携帯端末上の Gmail や Outlook など)が動作しなくなります。
この場合、ユーザー名とそのアプリケーション用に生成された特別なパスワードを使用してログインする必要があります(この入力が求められるのは、それぞれの端末やアプリケーションごとに 1 回だけです)。

アプリケーション固有のパスワードは、一度入力すれば再認証を行う必要はありません。
Android端末を何台も所有している場合には1台づつ認証する必要があり、かなり面倒な事になりそうですが…

初回はキャリアメールかテキストメッセージのみだった確認コードの取得も、2回目以降はAndroidアプリから行う事ができます。
キャリアメールなどに比べ確認コードの発行が格段に便利なのでお勧めです。

認証済みのPCと携帯電話へのアクセスが失われた場合、Googleアカウントへのアクセスができなくなる可能性がありますので、いくつかのアクセス方法を準備しておくのが良いでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加